<< レイクオスエゴの高校生 日本文化体験 | main | 2日目、そしてお別れ >>
高校生グループ引率の方との懇親会
0
    引率の方々は、ホームステイではなくホテルステイです。 先生2名、母親2名と共に吉川といえば「なまず料理」ということで市内のお店に行きました。

    日本に来てから一週間の行程をお聞きすると、「広島(原爆ドーム){カープ戦観戦}→姫路(白鷺城)→京都→名古屋(相撲観戦)→築地(モーニングお寿司)→吉川」とアンビリィバボーな時間を過ごされていたのには驚かされました。
    また、70〜80年代の音楽シーンの話題で盛り上がったり、青春を過ごした土地(国)は違っても、世の中は狭いもんだなぁと改めて思いました。

    では最後に、チャド先生のご挨拶を、今回ご協力いただいたホームステイ受入家庭の方を初め、関係者の方々に紹介するために、掲載させていただきます。

    「吉川の皆さんに温かく迎えて頂いて非常に感激しております。日本の皆さんは温かい人たちだということは知っておりましたが、私が想像していた以上にたくさんのことをしていただいて、驚くとともに感謝の念でいっぱいです。
    皆さんがレイクオスエゴにいらしたときには、皆さんがしてくれた程のお世話はできないかもしれませんが、出来る限りのお手伝いをさせていただきたいと思います。重ね重ね今回のご尽力に感謝したいと思います。 ありがとうございました。」

    (通訳 by Mayu)
    カテゴリ:市民交流 | 08:44 | - | - | - | - |